手仕事で作られた、美しい色、形、デザインの愛すべきモノの紹介サイトです。


by irisr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
b0113730_146221.jpg
最近はメールで済ませてしまうことが多く、手紙やはがきを書くことが少なくなってきましたが、
たまにお手紙をいただくと嬉しいですね。結局返事を出せずじまいでそのままになることも多いのですが、、、。

先日、知人のイラストレーターの「林さとみさん」から来た封筒の裏面には可愛らしいはんこが押してあり、中には彼女が来月開く講座のお知らせが入っていました。
簡単に出来るそうです。器用な人に言われるとほんとだろうかと、疑ってかかってしまうのですが、、、。
作ったはんこは手紙や封筒に押したり、布に押したりとアイディアは広がっていくようです。


「かんたん!消しゴムはんこ講座」
◆9月30日 pm1:00~3:00 ¥1800(材料込み)
◆消しゴムはんこを作ってエコバック2枚とポストカード5枚を作ります。
◆詳しくはJEUGIAファミリーカレッジ〈京都ファミリー3F)
tel.0120-639-400


林さとみさんは器用でイラストレーターなのでもちろん自分の世界観もあり素敵なイラストを描かれます。フェルト作品も作られていますが、制作には時間がかかり大変らしいのですが、こちらも素敵な作品が多いです。その他にもよくいろいろな物を作り、さらに、お料理も上手で美味しいパンやケーキもよく作っていらっしゃいます。
彼女の手紙の中に「やっぱ、モノつくるんは、心にええ気がする」と言う言葉がありました。
心によいものを求めている方は「消しゴムはんこ作り」はいかがでしょうか?
[PR]
# by irisr | 2007-08-30 14:14

体型でお箸を選ぶ?

b0113730_20111947.jpg毎日使っているお箸なので、かなり色があせていますが、、、。とても使いやすい8角形の箸です。
京都の仁和寺の近くにある「京都 おはし工房」さんの作です。手前のお箸の素材は忘れてしまったのですが、奥のお箸はワインの垂木で作られていて最初はもっときれいなワイン色でした。

お店に行けば、木も好きなものを選べますし、使う人の身長や性別など聞かれて長さや太さを調整していただけますし、形もいろいろあり、好みに合わせて作っていただく事が出来ます。

このお店が出来てすぐの頃に伺ったときは、のんびり作っていらっしゃるようだったのですが、今は注文待ちの状態だそうです。
うちでは親戚の方々にもそれぞれの方をイメージして木を選び、プレゼントをしたのですが、父用に作った柿の木のお箸は金が入ったような木目が出ていて、とても綺麗でした。
ただ、綺麗なものが使えないのは、娘の私と同じで、父も大事に箱に入れたままにしているようです。
[PR]
# by irisr | 2007-08-23 20:32 |

五条坂の陶器祭

昨日から京都の五条坂で陶器市が始まりました。8/7〈火〉~8/10〈金〉までです。

この暑い時期になぜ開催されるのか不思議ですが、、、。
夕方頃から夕涼みを兼ねて、作家ものの陶器等を見ながらそぞろ歩いている人は多いです。しかし、夕方でも京都は蒸し暑いのですが、作家さん達と値段の交渉をしつつ、お話ができるのは楽しいものです。

b0113730_8204370.jpgこの器はその陶器市に毎年出されていた滋賀県のAさんの作品です。写真では分かりにくいのですが、ブルーの器に赤とシルバーのラインでモダンな花が描かれて、使いやすくてどんな料理にも合うお皿です。

同じような感じのビアマグやちょっと違う感じの花瓶なども使わせていただいていますが、どれも形も色もきれいで、しかもしっかりした作りです。

しかし、Aさんは残念ながらここ数年は作品作りはされていないようです。
いろいろな作家さんに共通するのかもしれませんが、作家さんが作品制作だけで生活していくのはなかなか難しいようです。折角、才能があることや好きなことである場合はもったいないと、私は思っています。

ただ、友人達とそういう話題になったとき、「いくつになっても作家活動は再開できるから。」と、言った友人がいました。確かにそうかもしれませんね。
Aさんがまた制作を再開されることを心から願っています。
[PR]
# by irisr | 2007-08-08 08:38 |
b0113730_23142884.jpgさて何に使うのでしょうか?
雲の様でもあり、カタツムリの様でもあり、顔のようにも見えませんか、、?

このままオブジェとして飾っても良いのかもしれませんが、実はこれ、カードスタンドです。
私は、京都市美術館で見てきた「フィラデルフィア美術館展」のマチスのポストカードを挟んで使わせていただいてます。
ただ今回は、カードを挟んでいると形が分からないので、カード抜きにして撮影しましたが、、少し寂しいかしら、、。
でもカードを邪魔しない形なので、どんなカードにも合う様な気がします。
因みにマチスの前は若冲でした。

作者は大阪在住のmama'sの長尾仁美さんで、本職はグラフィックデザイナーをされています。
それだけではなく某芸大の講師もして、時には絵も描き、そしてこういうオブジェも作り、何足ものわらじを履いていらっしゃいます。
絵も数点見せていただいた事がありますが、蓮や竹などを描かれたもので、優しくて癒しを感じられるような作品でした。
これからもどんな活動をしていかれるか楽しみな作家さん(?)です。
[PR]
# by irisr | 2007-07-24 23:18 | オブジェ
昨日、無垢工房さんへ「荒川尚也さんの宙吹きガラス展」を見に行ってきました。
素敵な器がいっぱいだったのですが、ふと自宅の食器棚のガラスの段がいっぱいなのを思い出して、残念ながら見るだけになりましたが、、、。ちょっと厚手で柔らかいラインと楽しそうに踊るような泡のラインが美しく、しばし、見とれてしまいました。〈写真無しですみません〉

無垢工房さんには、今回始めてお邪魔したのですが、天井が高く呼吸する木に囲まれた心地よい工房で、家具や食器などは、シンプルなデザインで丁寧に作られていて、こちらも場所さえあればこういう棚がほしいなぁとか、こんな椅子がほしいなぁと思うものがいっぱいでした。

又、奥様がされている「シノア」さんのケーキもいただく事が出来ました。たまたまあるイベントでお会いして、今回のガラス展に来させていただいたのですが、、、木のお皿の上に透明のガラスのお皿が重ねてあって、そこにゴマケーキが載せてあったのですが、お皿も美しかったし、ケーキもほんと美味しく、幸せな時間をすごせました。
ケーキと一緒にジンジャージュースを頂いたのですが、このグラスはガラス展の「荒川さん」作で10年ほど使用されているそうですが、しっかりしているので欠ける事も無く、傷も無く美しいままでした。
良いものは長く使えるんですよね。
[PR]
# by irisr | 2007-07-14 22:45 |