手仕事で作られた、美しい色、形、デザインの愛すべきモノの紹介サイトです。


by irisr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「黒田さかえ展」と「アキノイサム展」

またまた相変わらず終わってしまった展覧会と
もうすぐ終わる展覧会です。

b0113730_1522066.jpg

写真手前の長細い案内状が「黒田さかえさん展覧会」です。
■2008.9月9日~29日(日)
■「ギャラリー高倉」と「森の小枝ギャラリー」の2箇所同時開催です。

黒田さんは、パワフルに個展をされていて、その多作なことや、
くすっと笑えるような細かいところにも神経を使いつつ、軽やかな絵を描き続けていらして
毎回すごいなぁと関心するばかりです。

森の小枝ギャラリーはケーキ屋さんで、ゆっくりお茶をいただきながら、
黒田さんワールドに浸るのも良いかも。
森の小枝さんは元公務員だったご主人がはじめられたとプロフィールには書かれてました。
私は黒豆のパウンドケーキを買って帰り自宅で、いただきましたが、
素朴な味でとても美味しかったです。
お店のランプの形が卵のように見えました。是非いかれた方は天井を見てみてください。
なんだか可愛らしいお店だったので
次回はゆっくりお店でケーキをいただいてみたいと思っています。

その森の小枝ギャラリーのすぐ近くにある
堺町画廊で面白そうだと思ってたまたま入ったところ、
開催されていたのが、「アキノイサム新作展」です。
■9月13日(土)~21日(日)まででした。
■堺町画廊(京都市中京区)

作者は仙人みたいな方で
作品もとても緻密なものがあるかと思えば大胆なものもあり、
無彩色のものも、美しい色のものもありで、
岩彩画、シルク版画、絵巻物、ローケツ染めなどの面白い展覧会でした。

このブログの写真の「青い魚」「木」はこの方の作品です。
絵本も数冊描かれていて、
本を買うとサインをしながら絵を描いてくださり、
アメリカの神様の話などをボソッと話されて、不思議なオーラを発していらっしゃいました。

空気食べて、絵だけ描いて生きていらっしゃるのではないかという様に
見受けられたのですが、、、。
[PR]
by irisr | 2008-09-23 15:29 | ギャラリー