手仕事で作られた、美しい色、形、デザインの愛すべきモノの紹介サイトです。


by irisr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ユリアヴォリ 絵本原画展

北京オリンピックもいよいよ明日までです。
4年に一度の一大イベントに感動したり、手に汗握って応援したりしてましたが、
そんな暑かった夏もあっという間に過ぎようとしています。
昨日から雨が降り続いていて一気に気温も下って秋の気配を感じるほどです。

少し前ですが、お盆の帰省で新幹線を利用した折に、時間もあったので
京都駅で「ユリア ヴォリ絵本原画展」を見てきました。
b0113730_2265544.jpg

フィンランドの絵本作家さん作のちょっと毒のありそうなぶたが愛嬌を振りまいてました。
きれいな色合いで、子供受けしそうですが、ヨガをしたり、ダイエットをしたり、
哲学的ブタさんはリーフレットによると大人の女性に人気があるらしいです。

「イエコさん」という新作は日本の作家さんの文章に絵を付けたもので
イエコさんはなかなかシュールでした。

北欧の絵本というと、、、ムーミンの原画を見たときもそうですが、
北欧デザインも全般的に色がきれいでした。
独特な色彩感があるのかもしれません。
日本人も意識していないうちに、日本の色彩感覚になっているのでしょうか?


■2008年8月12日(火)~8月26日(火)
美術館「えき」KYOTO
■「ユリア ヴォリ絵本原画展」


ただ、この美術館「えき」はよく絵本の原画展をしています。
私自身は絵本も好きなんですが、、、、
しかし偶々、見に行った時に絵本原画展が多かったのかもしれませんが、、、。


美術館といってもそれほど広くもないし、出来る内容も限られているのかもしれませんが、
出来た当時はピカソの陶芸の展示や山本容子の展覧会などもあったように記憶しています。

ISETANがしていることもあって、物販に直結するものが選ばれているのかもしれませんが、
もうちょっと他の企画もないのかと思ってしまいます。
[PR]
by irisr | 2008-08-23 22:35 | ギャラリー