手仕事で作られた、美しい色、形、デザインの愛すべきモノの紹介サイトです。


by irisr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

For Tomorrow MAYA MAXX(マヤマックス)展

今日の京都は雪が降っていてとても寒いのですが、そんな寒さも吹き飛ばすようなパワフルな展覧会でした。

b0113730_187641.jpg■For Tomorrow MAYA MAXX展
■2008年1月10日〈木〉~2月24日〈日〉
■何必館・京都現代美術館

実は私はMAYA MAXXの名前も知らなかったのですが、
たまたま友人3人が別々のところで話したり、メールの中で「MAYA MAXX展をぜひ見に行きたい」と言うのでどんなものか見てみたいと思って、興味本位で行ってみたのですが、グッとハート掴まれてしまいました。

サイトで見た時はどうしてこの絵が若者達に人気があるのかよく分からなかったのですが、実物を見ると迫力ありました。何必館の建物自体をうまく利用していて、伸びやかで、自由奔放な色や線や文字達は見ていて心地の良いものでした。
でも一番感じたのは、彼女の思考の面白いこと。政治的なこと、感情、、、など、あふれてくるのかも、、。一つの小さい部屋の中に4つの壁面全体に隙間なく貼り付けられた絵の数々や何百年前の金屏風に書かれたアクリル画のスピード感ある線、真っ赤な牛の迫力、パンダの集団の透明感、長く上に続く階段などなど、、、印象に残る作品がたくさんありました。

2月10日までは、ライブペインティングやギャラリートークやサイン会などあったようです。MAYA MAXXさんは2月から、ニューヨークに活動拠点を移されたそうですが、又ニューヨークも刺激的なところなので、どんな活動をしていかれるのかとても興味があります。
しかし、何必館での展示も、今後10年間は毎年決定しているようですので、来年はライブペインティングも見てみたいです。

こちらの展覧会は明日までですが、お時間ある方はどうぞぜひ実物に触れてみてください。元気が貰えます。
[PR]
by irisr | 2008-02-23 18:08 | ギャラリー