手仕事で作られた、美しい色、形、デザインの愛すべきモノの紹介サイトです。


by irisr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いろいろ家族の事があって、ずいぶん長い事このブログは更新できてませんでしたが、やっと復帰しました。

とはいえ、この長ーいご無沙汰の間に、sanpo magazineの4号、5号はもうずっと前に完成されてお近くの書店にも並んでいたはず、、、。

4号は2010年4月、5号は2012年4月発刊で表紙とカラーページのレイアウトデザインをさせていただきました。でも、これはイラストレーターさんの素敵なイラストで構成させていただくお手伝いをさせていただいているという感じです。今回も大散歩通信社の西川さんにお世話になり、いつもながらに彼女のバイタリティに感心すると同時に、作成に参加させていただき感謝です。

同年代の彼女のやる気を見習わねば、、。

ダラダラしていても24時間、ハードワークでも24時間ですからね。

3月までフルタイムのお勤めをしているときは、時間ができたら「あれもこれもしたい」って思っていましたが、いざ時間ができると何もしないまま1日が経っていて恐ろしいです。

さあ、さわやかな1日、今からの時間したいことしてみます。
b0113730_1223995.jpg

[PR]
# by irisr | 2013-05-16 12:04 | book
またまた久しぶりのブログ更新です。
お盆に久しぶりに会った友人たちに指摘されて、、、私にしては珍しくハイペースの更新です。
(汗&笑)
b0113730_14123813.jpg

今回もご紹介が遅れましたが、デザインのお手伝いをさせていただいたSanpo magazineの
第3号 関西・大散歩通信(2009年夏/秋号)が7月から好評発売中です。


冊子内容と取扱店については発行人のクリケットさんのサイトに詳しく紹介されています。
クリケット日和(大散歩通信社の日常)
今号は巻頭特集は「ビルマニアカフェ(BMC)登場!戦後建築・渋ビルの魅力!」で
レトロな雰囲気の味のあるビルが沢山紹介されています。

先日、久しぶりに大阪に行ったらこじゃれた東京のような洗練された店舗やビルが増えたのですが、
都市はどこにいても同じような空気感の味気ないものになっているような印象があったので、
このビルマニアの記事を読んでいると実際にビルウォッチングをしたくなります。
涼しくなったら一眼レフを持ってうろうろ歩いてみたいと思います。

昨年末に、心斎橋のレトロなビルで知人の演劇を見に行ったのですが、
内容もそのビルに合っておりタイムスリップしたような面白い感覚になりました。
なんでも新しいばかりがよいわけではないですよね。

Sanpo magazine記事によると、こうしたビルも守られるよりも取り壊されるのが現状とのこと、
寂しいですね。

表紙は田中ラボタモさん作。影絵によるものです。アイデアですね。
裏表紙イラストはこのSanpo magazine編集・発行者の西川さん作です。
b0113730_14142252.jpg

いつもながらいい感じのイラストで、中ページにも彼女のイラスト満載です。
パワフルに夢を形にしていく彼女には脱帽です。パワーの源は何なんだろうと不思議なのですが、
もしかしたらカレー??そんな事はないと思いますが、いつか聞いてみたいと思っています。

そして前号に引き続き「古本」×「ジャズ」の記事も充実しています。
是非、手にとってお読みください。
上記、発行人のクリケットさんのサイトで購入できる書店がわかります。
[PR]
# by irisr | 2009-08-17 14:16 | book
1月に新年のご挨拶してそれ以来のほんとに久しぶりのブログ更新です。
とんでもないスローペースです。(汗)

ご紹介がかなり遅れてしまいましたが、以前デザインのお手伝いをさせていただいたSanpo magazineの第2号 関西・大散歩通信(2009年冬/春)が2月より好評発売中です。

今度は2大特集「古本」×「ジャズ」で巻頭カラーページもあり、内容も盛りだくさんで第1号よりさらにパワーアップしているのではないかと思います。

取り扱いの書店も大阪、京都、神戸、東京、金沢と増えているようで内容の良さと、地道な売り込みの賜物ではないかと思います。

冊子内容と取扱店については発行人のクリケットさんのサイトに詳しく紹介されています。
クリケット日和(大散歩通信社の日常)
表紙のミシシッピさんのイラストは「ハモニカのおに」はすごく不思議な感じのするイラストですが、
b0113730_233136.jpg
じわじわとよさが伝わるような不思議な魅力があります。
4月にはパリで個展と書いてありますが、、、今は5月ですね。きっとされたのかしら?
紹介が遅れてごめんなさい。

「おに」は2月発売を意識してだったんでしょうか?

裏表紙は前回に引き続き、西川さんのイラストですが、いつもながらとてもいい雰囲気です。
もちろん内容も充実していますので是非、手にとってお読みください。
[PR]
# by irisr | 2009-05-03 23:03 | book

2009-新年のご挨拶

b0113730_2312524.jpg

あけましておめでとうございます。

物を作る人を紹介したり、展覧会のお知らせなどしたいと思い始めたブログですが、
なかなか更新できないままに2008年が過ぎ去り、
2009年になってしまいました。

2008年に展覧会や作品展を見に行ったにもかかわらず、
ここでご紹介できなかったものもいろいろあります。

それにもめげず、今年は新たに作家さん達の発掘をしつつ、
共同で物作りをしていきたいとプランナーのEさんと夢を膨らませています。

どこかに素敵なものつくりの方がいらしたらお知らせください。
今年も、皆様にとって良い1年になりますように心よりお祈り申し上げます。

※上部の写真はパリ在住のアプリュスさんのレッスンに
初心者なのに参加させていただいて作成したフラワーアレンジメントの一部分です。
アプリュスさんのブログには
昨年末に「京阪百貨店」で開催された展示会の様子も写真入で掲載されています。
[PR]
# by irisr | 2009-01-06 23:18
またまた相変わらず終わってしまった展覧会と
もうすぐ終わる展覧会です。

b0113730_1522066.jpg

写真手前の長細い案内状が「黒田さかえさん展覧会」です。
■2008.9月9日~29日(日)
■「ギャラリー高倉」と「森の小枝ギャラリー」の2箇所同時開催です。

黒田さんは、パワフルに個展をされていて、その多作なことや、
くすっと笑えるような細かいところにも神経を使いつつ、軽やかな絵を描き続けていらして
毎回すごいなぁと関心するばかりです。

森の小枝ギャラリーはケーキ屋さんで、ゆっくりお茶をいただきながら、
黒田さんワールドに浸るのも良いかも。
森の小枝さんは元公務員だったご主人がはじめられたとプロフィールには書かれてました。
私は黒豆のパウンドケーキを買って帰り自宅で、いただきましたが、
素朴な味でとても美味しかったです。
お店のランプの形が卵のように見えました。是非いかれた方は天井を見てみてください。
なんだか可愛らしいお店だったので
次回はゆっくりお店でケーキをいただいてみたいと思っています。

その森の小枝ギャラリーのすぐ近くにある
堺町画廊で面白そうだと思ってたまたま入ったところ、
開催されていたのが、「アキノイサム新作展」です。
■9月13日(土)~21日(日)まででした。
■堺町画廊(京都市中京区)

作者は仙人みたいな方で
作品もとても緻密なものがあるかと思えば大胆なものもあり、
無彩色のものも、美しい色のものもありで、
岩彩画、シルク版画、絵巻物、ローケツ染めなどの面白い展覧会でした。

このブログの写真の「青い魚」「木」はこの方の作品です。
絵本も数冊描かれていて、
本を買うとサインをしながら絵を描いてくださり、
アメリカの神様の話などをボソッと話されて、不思議なオーラを発していらっしゃいました。

空気食べて、絵だけ描いて生きていらっしゃるのではないかという様に
見受けられたのですが、、、。
[PR]
# by irisr | 2008-09-23 15:29 | ギャラリー